冷え性 便秘

MENU

冷え性から来る便秘の原因や治し方!あなたにオススメする効果的な対策方法

この記事では冷え性から来る便秘についてご紹介しています。冷え性型の便秘が起こる原因や改善のために役立つオススメの漢方などの情報をまとめていますので、冷え性と便秘に悩んでいるという方は是非見てみて下さいね。

冷え性から来る便秘は漢方で改善できる?

 

内臓型冷え性や下半身冷え性と呼ばれる冷え性になると、消化器系の働きが冷えによって鈍ってしまうため、便秘の症状が出てしまうことがありますよね。

 

 

 

冷え性から来る便秘は冷え性が続く限り終わりませんし、それどころか段々悪化していきますから早急な対処が必要になります。そんな冷え性を原因として起こる便秘を改善させたいなら漢方を活用してみると良いでしょう。

 

 

 

漢方は便秘になった大本である冷えを緩和してくれるだけでなく、働きが鈍ってしまった腸を優しくケアしてくれます。

漢方を飲むときは用法用量の確認を

 

漢方は天然成分を活用して作られるものであるため、しばしば副作用が無いものとして誤認されていることがありますが、漢方は法律で医薬品として認められているれっきとした薬です。

 

 

 

なので、漢方を飲む際は必ず飲む前に用法用量な飲み合わせなどを確認しておきましょう。飲み過ぎたり飲み合わせを少々間違えたりしたところで重大な副作用が出るということはありませんが、効果が出なくなる可能性があります。

 

 

 

また、漢方の効き目は種類によってかなり異なるため、物によっては体力が無い方にはオススメ出来ないものもあります。この点も上記と踏まえて飲む前に確認しておきたいですね。

そもそもなぜ冷え性で便秘が起こるの?

 

冷え性から来る便秘にオススメな漢方をご紹介する前に冷え性がなぜ便秘に繋がるのかをご紹介しておきましょう。便秘とは何かしらの理由によって腸の働きが鈍くなり排便ペースが落ちてしまうというものですよね。

 

 

 

冷え性もまた『何かしらの理由』の中のひとつで、冷え性を起こすと血管が収縮し腸に充分な熱やエネルギーを送り込めなくなります。そうすると、腸は活動するのに充分なエネルギーを確保出来なくなるため結果として便秘が起こるのです。

 

 

 

余談ですが冷え性がダメージを与えるのは腸だけに限らず、他の臓器もまた冷え性によって活発な活動が出来なくなるなどの症状が出てしまう場合があります。冷え性が万病のもとと呼ばれる所以はここにあるのです。

冷え性で便秘を起こす原因とは

冷たい飲み物を朝に飲む

 

寝起きに冷たい水を一杯飲む、なんて習慣があるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。確かにだるさを感じる寝起きに冷たい水を飲むと目がシャキっとしますが、実は冷え性と便秘の両方を悪化させることに繋がります

 

 

 

基本的に寝起きの胃の中というのは空っぽになっており、睡眠中に傷ついた組織を補修するために活動が落ち着いた状態となっているのですが、そこに冷たい水を流し込むとどうなるでしょうか。

 

 

当然、胃は突然のことにびっくりしてしまい冷たさで周辺の血管が収縮してしまいます。また、胃が冷えるとそのダメージは腸にまで到達するため、冷たい水を朝飲むことは消化器系のほとんどの活動を妨げてしまいかねないのです。

 

 

 

そして、この習慣は慢性化することで次第に胃や腸から徐々に熱を奪い、活動を鈍らせます。熱が奪われ、活動が鈍るということはすなわち便秘と冷え性を引き起こす結果に繋がっていくのです。

日中水分を摂り過ぎている

 

便秘の改善には水分の摂取が必要と考えられていますが、飲み方や飲み物を間違えてしまうとかえって逆効果となってしまいかねません。特に冷え性を発症しやすい女性の場合は尚更便秘を悪化させることになるでしょう。

 

 

 

例えば水分を多く摂取した方が良いからと言って炭酸飲料や冷たい清涼飲料水などをがぶがぶ飲んでいると、常に消化器系が飲み物によって冷やされた状態となります。

 

 

 

慢性的な内臓の冷えは冷え性を発症させ、冷え性は更に身体から熱を奪い、内臓の働きを鈍らせます。水分を摂ると良いというのは適温の飲み物を適量飲んだ時の話で、やり方を間違えると冷え性と便秘の両方を悪化させるのです。

身体を冷やす食べ物の食べ過ぎ

 

食べ物は大まかに分けると身体を温める食べ物と身体を冷やす食べ物の2種類に分けられます。例えば生野菜や酢、白砂糖などは身体を冷やす食べ物で、にらや生姜、塩などは身体を温める食べ物に分類されています。

 

 

 

バランス良く身体を冷やす食べ物と身体を温める食べ物を食べることが出来ている内は良いのですが、私たちはついつい身体を冷やす食べ物を多く食べてしまいがちです。特に白砂糖や生野菜などは食べ過ぎてしまいがちですよね。

 

 

 

生野菜になど一見健康に良さそうに見えても、身体を冷やすことに繋がるため量を抑えた方が良い食べ物というのは多く存在します。なので、食事の際は身体を冷やす食べ物と温める食べ物のバランスを考えるようにしましょう

冷え性型便秘を改善させる3つの漢方

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

 

便秘や冷え性に効果が抜群であるとされる桂皮や芍薬、生姜などの生薬を含んだ桂枝加芍薬湯は冷え性によって起こる便秘を改善するためにうってつけの漢方と言えるでしょう。

 

 

 

桂枝加芍薬湯は冷え性型便秘の中でも特に腹痛やお腹の張りなど、腹部に不快感がある便秘に対して効果的なので、症状に該当するという方は是非桂枝加芍薬湯を試してみて下さい。

 

 

 

ただ、桂枝加芍薬湯は漢方の中ではそこそこ強い部類に入ります。なので、風邪等で体調を崩している時や何かしらの病気を抱えているという時は服用を控えておいた方が良いでしょう。

人参湯(にんじんとう)

 

人参湯もまた桂枝加芍薬湯と同じく冷え性型便秘を始めとする胃や腸の不調を改善してくれる漢方のひとつなのですが、桂枝加芍薬湯とは違い人参湯は体力が落ちている方でも飲むことが出来る身体に優しい漢方です。

 

 

 

また、それだけでなく人参湯は虚弱体質を改善する効果を持っているため、体力の向上のためにも役立ちます。よく効く漢方薬の大半は体力の無い人にはオススメしにくいのですが、人参湯であれば誰でも飲むことが出来るでしょう。

 

 

しかし、人参湯を飲む際は低カリウム血症に気を付けて下さい。低カリウム血症とは読んで字のごとくカリウムが不足することで起こる不調のことで、カリウムが不足した状態で人参湯を飲むと発症します。

 

 

 

低カリウム血症を起こすことはかなり稀な例であるため、ほとんど心配の必要はありませんが、もしものことを考えて人参湯を飲む際は食事やサプリメントでカリウムを補っておくようにしましょう。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

加味逍遥散はストレスなど精神的なものが原因で冷え性や便秘を起こしている方にオススメの漢方です。特に冷え症や便秘だけでなく慢性的な身体の不調を抱えている方は加味逍遥散によって改善を図ることが可能でしょう。

 

 

 

人間関係や仕事に関する悩みなどで思い悩んでいるという方はストレスによって冷え性や便秘だけでなく様々な身体の不調が出てきてしまいがちです。そして、それらの多くは原因を断つことが難しいものばかりですよね。

 

 

 

加味逍遥散はそんなどうすることも出来ないストレスへの耐性を手に入れるためにとても役に立つでしょう。もちろん、冷え性型便秘の緩和効果も上記2つと並んで大きく期待できます。

まとめ

冷え性によって引き起こされる便秘は通常の便秘よりも厄介です。特に同時に両方を治そうと思うと生活習慣や食習慣を改善することに加え、様々な問題をクリアしていかなければいけません。

 

 

 

しかし、漢方を使えば冷え性型便秘を改善させるまでの過程をかなり短縮することが出来るのでしょう。漢方は正しく使えばそれだけの効果を発揮してくれます。

 

 

 

冷え性と便秘の両方を緩和したいと考えている方は、記事中でご紹介した冷え性型便秘を起こす原因を改善するような取り組みをした上で漢方を試してみて下さい。きっと、症状が緩和されていくはずです。