冷え性サプリ dhc

MENU

【定番】冷え性サプリも販売しているDHC!その相性の良い組み合わせは?

DHCと言えばサプリメント、サプリメントと言えばDHCと言っても過言ではないくらいDHCのサプリメントは有名です。皆さんの中にもDHCのサプリメントを愛用しているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

DHCのサプリメントの中には健康や美容のためのものだけでなく、冷え性対策に最適な物も数多くあります。

 

 

 

今回はそんなDHCの冷え性サプリの効果や相性の良い組み合わせをご紹介していきます。冷え性対策にサプリメントを使いたいと考えている方にとってとても役に立つ情報をまとめていますので、是非チェックしてみて下さいね。

DHCのサプリで冷え性を治す!

 

DHCと言えば日本で知らない人はいないという程の超有名サプリブランドですよね。大きな会社の製品なだけあってDHCのサプリにはかなりたくさんの種類がありますが、冷え性に効くサプリメントもリリースされているのでしょうか。

 

 

 

調べてみたところDHCは冷え性のためのサプリメントをいくつか販売しているようです。また、サプリメントをいくつか組み合わせることでより効果的に冷え性を緩和することが出来るのだとか。

 

 

 

とは言っても、冷え性を緩和するためにはどんなサプリメントが良いのか、またどのように組み合わせれば良いのかという点は非常に難しいですよね。なので、今回はオススメのサプリ組み合わせの例をまとめてみました。

サプリにも飲み合わせはある?

 

薬には飲み合わせというものがあり、薬によっては禁忌とされるほど飲み合わせてはいけない相性の悪いものも存在します。禁忌の飲み合わせは最悪の場合死に至ることもありますから、気を付けておきたいですよね。

 

 

 

サプリメントは薬とは違い、本来は食事で摂り切れない栄養素を補てんするために生まれたものですから、基本的には飲み合わせの良し悪しによって得られる効果が変わるということはありません

 

 

 

しかし、摂取した成分同士が互いに効果を打ち消し合ってしまった結果、本来得られるはずだった効果が得られなくなってしまうということは充分に考えられますから、サプリメントを組み合わせるときは充分注意しましょう。

DHCのオススメ冷え性サプリ

DHC ぽっぽ

 

DHCが販売している冷え性対策用サプリメント『ぽっぽ』はその名の通り身体を温めることを目的として作られたサプリメントで、自然由来の成分を多く配合していることが特徴的なサプリメントです。

 

 

 

具体的にはどんな成分が含まれているのかと言うと、冷え性に定番の生姜ニンニクエキスビタミンEなどに加え田七人参などの漢方成分が含まれています。なので、身体に負担を掛けず冷え性を緩和させることが出来るでしょう。

DHC ぽっぽを飲んでいる人の口コミ

 

真夏でも末端に冷えを感じるほどの酷い冷え性を患っていましたが、ぽっぽを飲んでからは次第に症状が落ち着くようになりました。

 

 

 

ぽっぽを使う以前にもいくつかのサプリメントや冷え性対策を試して効果が得られず、冷え性を治すのは無理だと思っていたので、まさかここまで効果が出るとは思いもしませんでしたね。

 

 

 

冷え性の症状に個人差があるように、どのサプリメントが合うかについても個人差が強く出るようなので、まだ試していないという方はぽっぽを試してみることをお勧めします。

 

 

冷えから来る腰痛が深刻になって来たため、なにかしらの対策を取らなければとぽっぽを飲み始めました。

 

 

 

サプリメントは大抵効果が出るまでに少し時間が掛るものだと思うのですが、私の場合は相性が良かったのか、またはぽっぽは効果が出やすいサプリなのか、飲んでしばらくすると身体が温かくなっていきました。

 

 

 

肝心の腰痛が治るまでには少し時間が掛ったものの、サプリメントにしてはかなり効果が高い部類に入ると思うのでこれからも愛用していきたいと思います。

 

 

 

口コミを見る限り、ぽっぽは効果が早く出やすいサプリメントのようですね。また、ぽっぽはかなり進行した冷え性に対しても緩和効果を発揮することが分かりました。

 

 

 

末端冷え性ももちろん辛いのですが、内臓や下半身の冷えは末端冷え性以上に命を奪いかねない病気を引き起こす原因となることがあるため、しっかりとサプリメントを飲んで冷え性を治しておきたいですね。

冷え性に効くDHCサプリの組み合わせ

ぽっぽ+ビタミンE

 

ビタミンEは体内に入ると血管を拡張させ血の巡りを良くしてくれます。そのため、この組み合わせはどんな冷え性に対しても効果を発揮しますが、特に末端冷え性の傾向が強い方にオススメです。

 

 

 

いくら身体を温めても血管が収縮したままでは四肢の末端まで熱を届けることは出来ませんから、ぽっぽで得た熱をビタミンEの効果で全身に行き渡らせるようにしましょう。

ぽっぽ+生姜・御種人参・山椒

 

この組み合わせはよく腹痛や腰痛を起こすなどの内蔵型冷え性の傾向が強い方にオススメです。特に冷えによる下痢と便秘を繰り返しているという方には効果的でしょう。

 

 

 

生姜・御種人参・山椒のサプリメントは名前からも分かる通り身体を温めることを念頭に開発されたサプリメントです。また天然素材を用いて作られている点も見逃せないですね。

 

 

ただし、この組み合わせは身体を温める効果が強く出過ぎてしまう場合があるため、軽度の冷え性の方が飲むと逆にほてりや発汗などの症状を起こしてしまう場合があるようです。

 

 

 

なので、ぽっぽ+生姜・御種人参・山椒の組み合わせでサプリメントを飲む際は耐えられない程の症状を感じた時に限定しておいた方が良いでしょう。

マルチビタミン+生麦・御種人参・山椒

 

ビタミンEだけでなくビタミンEの働きを助けるビタミンAやビタミンCが含まれたマルチビタミンに加え、生麦・御種人参・山椒をチョイスしたこの組み合わせは、ぽっぽに含まれている成分のほとんどを網羅しています。

 

 

 

なぜぽっぽ単体では無く敢えて組み合わせて飲むの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。これは別々のサプリメントを組み合わせることでより多くの冷え性改善成分を摂取するためです。

 

 

というのも、ぽっぽには漢方などに使われる生薬が含まれているため、一日の限度量を超えて飲むことが出来ません。

 

 

 

しかし、この組み合わせであれば生薬こそ入っていないもののぽっぽより効率良く冷え性の改善に役立つ成分を摂ることが可能なのです。ぽっぽではイマイチ効果が実感できなかったという方はこの組み合わせを試してみて下さい。

DHCでも危険?冷え性サプリの飲み過ぎに注意!

 

 

例え有名ブランドのサプリであっても飲み過ぎることで副作用のような症状が起きることがあります。基本的にはかなりの量を飲まなければ副作用は起こりませんが、一応そういう可能性もあるということを頭の隅に置いておいてください。

 

 

 

そもそもサプリメントというものは飲めば飲むほど効き目が増すというものではありません。例えばビタミンなどは許容量を超えて飲んだとしてもすぐに排出されてしまいます。

 

 

 

何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しと言いますから、サプリメントを飲む際は用法用量を守るようにしましょう

まとめ

サプリメントを製造・販売している会社はたくさんありますが、信頼度や実績を考えると国内でDHCの右に出る会社はほとんど存在しないでしょう。

 

 

 

そんなDHCのサプリメントはご紹介したように冷え性を緩和する上でとても役に立ちます。しかし、用法用量や飲み合わせを考えずに飲んでしまうと逆効果になってしまいかねません。

 

 

 

せっかくサプリメントを飲むのに飲み方や組み合わせを間違えたことで逆効果が出てしまっては意味がありませんから、冷え性の緩和のためにサプリメントを飲むときは気を付けて下さいね。