冷え性サプリメント

MENU

入浴による効果

季節を問わず毎日入浴する習慣は、冷え性の対策に効果的です。
特に半身浴は効果があります。
半身浴を行うと汗をたくさんかくことができ、全身の血流が活発になります。

 

半身浴が、より効果的になる方法を紹介したいと思います。
・お湯の量は、みぞおちから下あたりまでためる
半身浴は下半身を温めて血流を下から上へ押し上げることが目的です。
水圧による負担がかかりすぎないように、お湯の量は最低限で大丈夫です。
・温度は40℃前後
半身浴には、あまり熱過ぎないぬるめのお湯が適しています。
血流を良くするためには汗がたくさん出てくるまでお湯につかっていなくてはならないので、だいたい20分くらいは入浴しましょう。
汗をしっかりとかく前に上がってしまっては、せっかく半身浴をしても効果が少なくなってしまいます。
ぬるめのお湯にすれば内蔵まで温めることができるので、隠れ冷え性の人には良い方法だと思います。

 

半身浴であればのぼせることなく長湯ができるので、お湯に浸かっている間は、リラックスして過ごしましょう。
本を読んだり、音楽を聴いたり、アロマを楽しむなど、日ごろの疲れを癒す時間として有効に使いましょう。

 

冷え性は足先が冷えることが多いので、冷え性の人の中には足湯が好きな人が多いと思います。
しかし、足湯は注意しなければならないことがあります。
足湯に入っている時はとても温かいのですが、足湯に入った後は余計に足が冷えてしまうことが多いようです。
足湯で足を温めた場合、あがった後はしっかりと保温をしなくてはなりません。
水気をしっかりとふき取って、靴下を履き、できるだけ早く布団に入って、足が冷えないようにしましょう。
足湯は温かくて気持ちよいものですが、あがった後に足が冷めないように気をつけましょう。