冷え性サプリメント

MENU

冷え性の原因

冷え性の場合、冬はもちろんのこと、夏でも体が冷えてしまいます。
暑くても体が冷えて、体調を崩してしまうこともあります。
冷え性の原因には、どのようなことがあるのでしょうか。

 

人間の体には体温を調節する働きがあり、暑い時は体温を下げるために汗をかきます。
体温を36℃〜38℃程度に保っていて、それよりも下がるとホルモンや自律神経が体温を上げる働きをします。
すると、全身の器官が熱を発生させようとしたり、熱を逃さないようにしたりします。
その過程で、どれか一つでも正常に働かない場合、冷え性が起こってしまいます。
その原因は次のようになっています。

 

血流が悪くなる

低血圧や貧血などにより血液の流れが悪くなると、体全体に熱が伝わりにくくなってしまい、冷え性の原因になります。
血流が悪くなる原因は低血圧や貧血だけでなく、長時間同じ姿勢を続けていると、体全体に血液が回らずに冷え性が起こりやすくなります。

 

皮膚の温度センサーが正常でない

たとえば温度差が激しい室内と屋外を行き来していると、体温が上下を繰り返し、皮膚の温度センサーが混乱してしまうことがあります。
このような状態になると、体温を保てなくなり、冷え性が起こりやすくなります。

 

視床下部が正常でない

視床下部は体温を一定に保つ働きをしています。
視床下部が正常に働かない場合、冷え性が起こりやすくなります。
視床下部が正常に働かなくなる原因は、ストレスや月経異常、睡眠不足、女性ホルモンの分泌が大きく変化する時などがあります。

 

筋肉量が少ない

女性が男性よりも冷え性になりやすい理由は、筋肉量が少ないからと言われています。