冷え性サプリメント

MENU

冷え性の主な症状

冷え性には、はっきりとした定義がありません。
手足が冷えている状態、夏でも冷えている人、人よりも寒く感じやすいなどが、基準となっています。
なんとなく体が冷たいことが多いと自分で感じていても、それが冷え性かどうかは自分ではわかりにくいものです。
冷え性であっても自覚していない人も多く、放置したままにしている人もたくさんいるようです。

 

冷え性を放置することは、よくありません。
頭痛や肩こり、腰痛、むくみ、月経痛、不妊などの原因になるので、できるだけ早く改善をしなくてはなりません。
それでは、冷え性の改善は、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

 

冷え性の原因で分かりやすいのは、手足が冷えることです。
手足が冷えてしまうのは、体温を一定に保つことができなくなっているためです。
気温が高い時でも手足が冷えている場合、冷え性の可能性が高いでしょう。
冷え性の症状は個人差があり、人によって感じ方が違うので自覚していない人も多いと思います。
冷え性が悪化しないためには、早い段階での改善が大切です。

 

冷え性の症状は他にもあります。
たとえば、おへその下の部分が冷えている、顔が火照っている、向うずねに水が溜まるなどの症状があります。
顔が火照りは自覚しにくい部分ではありますが、体温調節がうまくいかないことが冷え性の原因になっていると考えられます。
向うずねに水が溜まる症状は、向こうずねをつねると痛いので自覚することができると思います。