冷え性サプリメント

MENU

ウォーキングの効果

運動をすることが、冷え性の改善にとても大きな効果があると言われています。
冷え性の大きな要因は血行不良なので、運動をすることにより、血液の流れが良くなるということです。
ここでは、誰でも取り組みやすい、ウォーキングに関する話をしたいと思います。

 

ウォーキングは年齢など関係なくできる運動ですが、冷え性に効果的にするにはコツがあります。

 

・歩く時の姿勢
歩く時は、胸を張り、お腹を上に引き上げるような姿勢でいる意識を持ちましょう。

 

・歩き方
イメージとしては、お腹を前に突き出すような感じで歩きましょう。
腕は軽く上に持ち上げた状態で、適度に前後に振りましょう。
普段歩く時よりも歩幅を広めに取り、足を前に出す時は大きく、後ろになる足は伸ばすようにしましょう。
かかとから地面に着くようにして、指の付け根でしっかりと地面を蹴るようにしましょう。

 

冷え性の対策のためにウォーキングをするのであれば、ただ歩けばいいわけではなく、「早歩き」くらいの意識で行った方がいいと思います。
血行を良くするためには、少し息があがるくらいの早歩きが理想的です。

 

万歩計などをつけて歩数を計ってみるのもいいと思います。
一日で歩く量は、歩数で6000〜10000歩、距離にすればおよそ4〜7キロくらいがいいと思います。
アップテンポの曲を聴きながら、または歩数を数えながら歩くことで、自然と歩くテンポが上がってくると思います。
単調な運動ですが、続けるために楽しくできるような工夫をしてみましょう。