冷え性 夏

MENU

夏の冷え性の原因は様々!体調不良を無くす夏の過ごし方3選!

女性の身体はただでさえ冷えやすいため、真夏でも冷たいものを飲み過ぎたり、エアコンを効かせ過ぎたりするとどんどん身体が冷えて行ってしまいます。

 

 

 

この記事ではそんな意外にも冷え性を悪化させやすい季節である夏の過ごし方をご紹介します。せっかくの夏を冷え性から来る体調不良などでふいにしてしまうのは勿体ないですから、是非チェックしてみて下さいね。

夏にも冷え性は起こる

 

基本的に冷え性は寒い時期に辛くなるもの、と考えられていますが実は条件が合った場合は夏でも冷え性の症状を感じることがあります。しかも、夏の冷え性は寒暖差を感じやすいため体調を崩してしまう原因となりがちです。

 

 

 

暑い時期なのに冷えを感じやすいってどうゆうこと?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、夏に冷え性が起きる原因は冷え性のメカニズムを考えてみると良く分かります。

 

 

 

そもそも冷え性とはなんらかの原因により血管が収縮することで起こるため、実は外気温の高低はあまり関係ありません。また、夏の暑さにやられて冷たいものを飲んだり食べたりすることで冷え性が悪化することも多いのです。

夏に冷え性が悪化してしまう原因とは?

エアコンで冷え性が悪化する

 

最近は温暖化の影響もあってか、夏になると日本中どこでも暑いですよね。ほとんどの地域で連日30度を超えるような猛暑が続くことも少なくありません。そんな時はついついエアコンに頼ってしまいがちです。

 

 

 

しかし、このエアコンが原因で夏は冷え性が悪化してしまうのです。職種やライフスタイルにもよりますが、冷え性を患っている方が多い女性はほとんどの場合日中室内で過ごすことが多いと思います。

 

 

 

そうすると、当然エアコンの風に当たる時間も増えますよね。特に男性の多い職場ではキンキンにエアコンを効かせることが多いため身体が冷えてしまいやすくなります。

冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎ

 

 

 

 

 

冒頭でも少し触れましたが夏は他の季節以上にアイスや炭酸飲料が美味しく感じられるため、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいがちです。この記事を読んでいる方の中にもギクリとした方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

冷たい食べ物や飲み物を一気に摂取すると消化器系を冷えしてしまうため、身体が芯から冷えてしまいます。そうすると血管が収縮して全身に熱が行き渡らなくなってしまうのです。

 

 

 

また、意外な盲点としては生野菜の食べ過ぎによって身体が冷えている場合もあります。生野菜は適量であれば身体に良いのですが、食べ過ぎてしまうと冷え性を悪化させることに繋がりますので気を付けて下さいね。

夏前のダイエットが冷え性を引き起こす

 

プールや海など夏は水着を着る機会が多いですし、私服でも肌を晒すことが増えますから、なんとかして夏前に体重を落とそうとダイエットに励む方は多いです。

 

 

 

確かに夏を前にして体を引き締めたいという気持ちはよくわかるのですが、1ヵ月で10キロ痩せるなどの無謀なダイエットをしてしまうと、身体の至る所に不調が出るようになってしまうでしょう

 

 

 

特に冷え性は無理なダイエットによって引き起こされやすい症状です。例えばあまりに度を越えた食事制限はエネルギー不足を起こす原因となるため、末端冷え性や下半身冷え性を誘発してしまいます。

夏の冷え性が起こす2つの弊害

体調不良が頻発する

 

冷え性は万病のもと』という言葉からも分かるように冷え性が慢性化すると体調不良を起こしやすくなってしまいます。夏の冷え性は治りにくい夏風邪を呼び込みますから特に厄介と言えるでしょう。

 

 

 

また、夏前に行った無理なダイエットやエアコンの使い過ぎによって冷え性を発症し、以降症状が慢性化した場合は免疫力が低下してしまいます。

 

 

 

免疫力の低下はインフルエンザや風邪を引きやすくなってしまうだけでなく、がんの発症リスクを高めることにも繋がるため、夏の冷え性だけに限らず冷え性を感じたら出来るだけ早期に対策を講じておきたいですね。

自律神経の不調が起こる

 

交感神経と副交感神経からなる自律神経は乱れることで不眠生理不順血圧の大幅な変化などを引き起こします。場合によっては更年期障害と似た症状が出ることもあるでしょう。

 

 

 

それに加えて、夏の冷え性が原因で自律神経が乱れた時は夏風邪を引きやすくなったり、そこまで暑くないにも関わらず熱中症になったりします。

冷え性を悪化させない夏の過ごし方3選

外出時は体温調節が出来る格好をする

 

夏は雨が降るなどして突発的に気温が下がるときがありますよね。夏の雨は湿気が原因となり熱をこもらせるため気付き難いのですが、雨が降ると外気温も室内気温もガクンと下がります。

 

 

 

当然そんなタイミングで薄着をしていると身体を冷やすことに繋がりますから、外出する時は極力体温調節が出来る格好をするようにしましょう。

 

 

 

また、職場や出先でエアコンが効きすぎている環境に晒されることが分かっている場合も同様で、そんな時はサマーニットや薄手のマフラーなどを持っていき、環境に合わせて重ね着が出来るように準備しておくことをお勧めします。

冷たいもの飲んだり食べたりしない

 

 

 

夏は暑いためどうしても冷たいものを食べたくなりますが、冷え性の傾向がある場合は出来る限り控えるようにしましょう。特に頻繁にアイスを食べる、炭酸飲料をがぶ飲みするなどの習慣は一気に冷え性を悪化させてしまいます

 

 

 

飲み物は常温でも飲める水やお茶などを中心にして、冷え性による腰痛や腹痛などを起こしている場合はアルコールやカフェインなどの刺激物も摂取しないようにするのが無難です。

 

 

また、砂糖を大量に含んだ食べ物や飲み物も身体を冷やすことに繋がります。というのも、砂糖は摂り過ぎることで血糖値の乱高下を起こすため、血の巡りが悪くなる原因を作ってしまうのです。

 

 

 

例えば夏の風物詩であるかき氷などは正に最悪の組み合わせと言えます。糖度の高いシロップと氷の組み合わせは簡単に身体を冷やし、身体の末端から熱を奪っていきますからあまり食べ過ぎないように心掛けておいてくださいね。

運動習慣をつける

 

継続的な有酸素運動や筋トレは身体に熱を持たせるため冷え性を改善するために効果的です。上記2つはこれ以上冷え性を悪化させないための取り組みでしたが、運動習慣をつけつことは冷え性を改善することに繋がるでしょう。

 

 

 

出来れば有酸素運動と筋トレ両方を実践した方が良いのですが、無理な場合はどちらか一つでもかまいません。また、運動をする際は気温が落ち着く夕方以降に限定しておいた方が良いです。

 

 

体力に自信があるという方は日中に運動をしても問題ないのですが、運動経験があまりない方がいきなり真夏の暑い日に運動をすると夏バテ熱中症を起こすことに繋がりかねません。

 

 

 

体調不良や自律神経の不調などの冷え性によって付随して起こる症状を緩和することは出来ても、運動が原因で体調を崩してしまったのでは意味がありませんから、夏に運動をする際は充分に注意しておいてくださいね。

まとめ

夏に発症したり悪化したりした冷え性を冬まで持ち越してしまうとかなり辛い思いをすることになります。それだけでなく、冷え性を放置することはあらゆる病気を呼び込むことに繋がりかねません。

 

 

 

なので、夏は暑いから冷え性の心配はないはず、と高を括ることなく夏でも油断しないようにエアコンの温度や飲み物・食べ物に気を配るようにしておきたいですね。

 

 

 

もし、夏に冷え性を発症させる、悪化させるなどした場合は記事中でご紹介した夏の過ごし方を実践してみて下さい。どれもコツコツ続けなければいけないものばかりではありますが、きっと冷え性を緩和させることに繋がるはずです。